最近のコメント

表示できるコメントはありません。

副業選びに迷ったら?「報酬」を基準にしよう!

   2022/01/09

サラリーマン生活を楽しく過ごしていくためには、ある程度の経済的余裕が必要かもしれません。もう少しお金があれば、毎日がもっと楽しくなるのにと感じている方は、思い切って副業を始めてみてはいかがでしょうか。

副業を始めたいと思った時に、「稼ぎたい金額」を決めてみましょう。
その金額を稼ぐためには、どのような仕事をするべきかという視点で、副業選びをしてみましょう。副業の種類によって、例外はあるにせよ、基本的な稼げる上限額があります。必要な金額を稼ぐためには、稼げる可能性のある副業を選ぶようにしましょう。

副業を通じて、お小遣い程度のお金が稼げれば十分だという人もいるでしょう。
このような人は、遊び感覚でできて、また労力がそれほど必要ない「ポイントサイト」を副業にしてみてはいかがでしょうか。

ポイントサイトに登録し、アンケートに答えたり、クイズに答えてポイントを貯めます。1日5分から30分程度で行える「プチ副業」です。最終的にポイントを現金に変換することでお小遣い程度のお金を稼ぐことができるでしょう。

副業で月に1万円程度稼ぎたいという方は「せどり」を始めてみてはいかがでしょうか。本や、洋服、ブランド品、コレクションアイテムなどを購入し、高値で売って差益を得るという仕事になります。本や洋服のせどりなら、それほど元手もかからず、確実に1万円程度の収入を得られるでしょう。

副業で月に3万円程度稼ぎたいという方は、「短期アルバイト」をおすすめします。
日給1万円の短期バイトを、月に3回行えば、3万円を稼ぐことができます。短期バイトに特化した「アルバイトサイト」などに登録をすれば、コンスタントに働けるでしょう。週休2日の方なら、8回ある休みの3日間を副業に充てるだけで、目標を達成できます。

副業で本業と同じくらい稼ぎたいという方は、「アフィリエイト」に挑戦してみましょう。アフィリエイトは商品の宣伝をして、企業から報酬を得る仕事になります。
アフィリエイトサイトやSNSの準備など、準備段階に時間と労力が必要ですが、軌道に乗れば日々のメンテナンスをするだけ済みます。

アフィリエイトを始めた当初は、それほど稼げなくても、コツをつかめば本業以上に稼げる可能性があります。また「インフルエンサー」になり、同じように商品を宣伝し、企業から報酬を得るという方法もあります。

このように副業選びに困ったときは、目指す報酬を基準に副業選びをしてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket